2015年05月15日に、国立国会図書館 東京本館で開かれる第106回人文科学とコンピュータ研究会発表会にて、宇陀研修士1年の田中僚さんがポスター発表を行います。
田中さんは「原資料の構造を反映したデジタルアーカイブの構築」という題目で発表を行います。

田中さんは「初めてのポスター発表で緊張するが、来てくださった聴衆のみなさまに自分の研究を伝えられるよう頑張りたい」とあしたの意気込みを語っています。

 

もしご興味がありましたら国立国会図書館 東京本館までお越しください。

 

その他の宇陀・松村研究室の学外発表については「主要業績」をご覧下さい。