健康でなくなってから初めてその重要さに気づく.社会は厳しく,非力な私達は簡単に負けてしまうので,健康を損なわないように生きていかなければならない.それにあたっては,まず食には気をつけようという気持ちが大切である.もうひとつ気をつけなければならないのはストレスである.ストレスは健康に出る時があり,出た時に精神的なダメージが大きい.しかし,ストレスは簡単にコントロールできるものではなく,自分では大丈夫だと思っていてもじわじわと蝕まれているものである.気持ちがヤバイと少しでも思ったなら,寿司を食べに行くことが大切である.寿司を食べて圧倒的成長をすることこそが,若いうちに大切なことなのではないかと思う.